文字を連ねるということ

書評

本当に文章を書くことが苦手だ。

筆が進まない。

なにを書いたらいいの?

ブログを書けない理由をそんなふうにしてにげていたところで、

逃げの口実を与えてくれない本が出てきた。

そんなこと言われても・・・

でも、日々他人のブログやtwitterばかり読んでるな。

どうしてそのブログを読んでるんだ?

そこには、その人の生き方が滲み出ている。

生き方をさらけ出している文章だから。

 

ネタバレになるけど、本書の最後にある言葉。

「書くことは、生き方の問題である」

そう、誰のためでもない。

自分のため。自分の生き方そのものをここに投影しなくちゃいけない。

(本書から)

「辛くても、山を登るように文字を書く。

少しでも景色を変えるために、

ここではないどこかへ行くために。」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました